破産 事例Q&A
よくある質問
債務整理ならここに相談自己破産
破産宣告について 破産宣告したら、海外に行けない。クレジットが組めない。以外何があるのですか?また、時効ってないんですよね?

自己破産のデメリット事例
・一定の財産を失う
・連帯保証人に迷惑がかかる
・官報に記載される
・住所の移転と旅行の制限
・破産者名簿への記載
・免責許可を受けてから7年間は再び自己破産することはできない
・職業や資格の制限を受ける
・不動産(土地・マイホーム・別荘)を手放す
・破産管財人によって郵便物が管理される
・クレジットカードの作成、ローンを組むことが事実上できない
・免責されない債務がある
○税金(区民税・自動車税・固定資産税など)
○社会保険料(健康保険料など)
○公共料金(水道代・電気代・ガス代など)
○破産者が故意、または重大な過失による損害賠償請求権
○破産者が養育者、または扶養義務者として負担すべき費用
○罰金 注:破産と住所移転・海外旅行 破産者は裁判所の許可なくその居住地を離れることができません(破産法147条)。
許可なく離れた場合には、1年以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます(同法377条2項)。
しかし、このような居住制限が課されるのは、破産の手続が完了するまでです。
つまり、(1)財産が換価され、債権者に配当がなされて破産手続が終了した場合や
、(2)破産宣告時において、破産者の総財産を換価しても破産手続の費用にも足りないことが明らかで、裁判所が破産宣告と同時に破産手続を終了させた場合(同時破産廃止)には、海外旅行に行くことが可能となります。
債務整理ならここに相談自己破産
おまけ
風俗よりラクに儲かる
時給7,200円!日払求人
在宅高収入チャトレ副業
携帯>訴訟 過払いに戻る